管栄学館について

管栄学館は、1999年に設立した合資会社パラソル アンブレラ事業部が運営しております。

会社概要

管栄学館ロゴ
社名合資会社パラソル
所在地三重県四日市市楠町北五味塚2037番地6
ウェブサイト管栄学館    https://dietitian.jp
運営会社    https://parasol.co.jp  
設立1999年12月
資本金持分会社のため非公開
代表笠井 優子
電話番号050-3085-9368
主な事業内容農林業
電子書籍出版業
国家試験受験予備校の運営
一般栄養管理
臨床栄養管理
終末栄養管理
主要取引銀行・決済代行主要取引銀行:
みずほ銀行
PayPay銀行

決済代行:
PayPal
Amazon

代表挨拶

管栄学館 前館長
合資会社パラソル 代表 笠井優子

人類の豊かさのために。見たこともない明日を創造。

私たちは自然環境の研究やバイオテクノロジーを活用した最新の栄養学・生化学で、人類の明日を照らすことを目標に仕事をしています。遺伝子やゲノムの研究が進み、個々の患者さんの遺伝子に合わせた適切な治療や副作用の少ない薬が選べる時代がすぐそこまできています。しかし私たちは、「薬食同源」をコンセプトに、さらにより安全な栄養療法を創り、より良い世界を創るため日々研究しています。人類の明日に貢献するという高い志を持った方とともに働けることを心待ちにしています。

合資会社パラソル 管栄学館は、たゆまぬ改善と安定した栄養管理の技術基盤を構築し、医療に見放された患者様のQOLに関与し貢献してきました。現在は、ヒトゲノム解析に基づきより各個人にライフスタイル・嗜好に合った食品や栄養管理技術を提供する「オーダーメイド栄養管理の実現化プロジェクト」に取り組んでいます。約15万人の食事内容や健診時の生化学検査のデータを解析し深層学習に活用しています。遺伝子と食事の効果や副作用などの関係を究明し将来の栄養管理改革につなげようとするプロジェクトです。”栄養管理の明日を変える”ことに熱意をもって取り組むメンバーには、栄養士などの国家資格を持たない市民科学者のスタッフもいます。

また私たちは、栄養分野のみならず医療、製薬の分野にもアンテナを張り巡らせています。世界は日々新しい技術や治療が発表されており、医療、製薬の知識をアップデートしていくことが必要不可欠です。弊社では、定期的に社内向けの講演会やテーマ別の勉強会を催すことでスタッフの知識レベルの底上げに取り組んでいます。社内では研究開発職、HTA(営業職)、事務職など分かれて業務に取り組んでいますが、部署の垣根を超えた交流を行い円滑にコミュニケーションをとるため、定期的に社内交流会を行っています。

よりよい選択肢を提供するために、安価な教育システムを構築。正しい方向にチャレンジし続けることが成長と進化に繋がる。

私たちの使命は、我が国が法律で定めた栄養士法に定められた「栄養士」、「管理栄養士」の学習支援により多くの合格者もたらすことのみではありません。人類の一員として、最先端の栄養管理に関連した研究をするのみでなく、十分な医療を受けられない全ての人々を支援する活動を行う人を育てることにあります。また創薬企業はジェネリック医薬品の開発を進め、安価に手に入る薬を増やすことで医療格差の是正に努めていますが、「薬食同源」の言葉の通り医薬品と食品は互いに作用を強めたり弱めたりする関係にあります。弊社の研究開発職は国内外でもトップレベルの開発体制を構築し、医薬品と食品の「飲み合わせ」、「食べ合わせ」について深く調査しています。我が国が栄養士や管理栄養士に対して要求している知識水準では、高度な知識とは程遠く、本来患者が期待している実力には及ばないのです。将来的には、栄養士養成施設などの学校などに通学することなく、広く一般の皆さまに栄養教育に触れる機会を提供して参ります。
管理栄養士よりも遥かに難しい記述試験、技能試験に合格し、且つ臨床経験を積み上げた方には、弊社が「Certificate(学位を伴わない技能証明書)を発行しています。

「すべての人が豊かで健康的な生活を送れる社会を実現するために」
正しい方向に新しいチャレンジを続けることこそが成長と進化を生み、よりよいソリューションを提供するたった一つの行動と考えます。価値のあるソリューションをスピーディーに提供し続ける。このチャレンジを通じてエンドユーザー様に信頼される企業であり続けることが、私たちの経営目標なのです。

代表社員 RDn. 笠井 優子

タイトルとURLをコピーしました